【お知らせ】整理収納アドバイザーとして活動すること

IMG_2737

今日、ハウスキーピング協会のコミュニケーションスペースで知ったことです。
これは、私を含め責任感を持って日頃からお仕事をされている「整理収納アドバイザー」のためにも、
お知らせをしておきたいと思います。

 

私たちは、整理収納アドバイザー1級の資格を取得していなければ、
「整理収納アドバイザー」と名乗り、整理収納作業やセミナー開催等のお仕事をしてはいけません。

 

ということは、2級の資格取得だけでは、名乗ってお仕事をすることはできないということです。

 

ですが、最近は2級取得のみの方々がお仕事をしているケースがあるそうです。。。

 

どうして1級を取得していないと整理収納アドバイザーと名乗って活動ができないのか?

 

それは、2級では自分自身の整理収納ができるようになるための学びですが、
1級では第三者(クライアント)への整理収納を学ぶからです。
これは大きく違います。

 

1級ではより深く整理収納を学んでいきます。
特に整理収納作業やセミナー講師は、いわば、クライアントへのご提案やアドバイスに直結しています。
第三者へのご提案やアドバイスはそんなに簡単なことではありません。
よって、2級の知識のままで「整理収納アドバイザー」と名乗り、
間違った情報が広まってはいけないと私は思っています。

 

これからは、
■サービスを行う場合
■セミナー、認定講座を行う場合

ライセンスカードを
首にかける、または立てかけて掲示する。

 

というルールになったそうです。
最近は、収納のプロとしてサイト等でコラム執筆や収納アドバイスを行う際、
自分が取得している資格のライセンス番号を提示しなければいけない企業も徐々に増えてきました。
リスク回避のためにはそれくらい徹底をしていいのだと思います。

 

 

私はライセンスをちゃんと取っていますので、
クライアント様、お取引企業様、ご安心ください(^-^)

 

関連記事

ページ上部へ戻る